学校法人土岐学園

明治34年、ひとりの教育者「土岐きよ」の情熱が私たちの原点

土岐学園の歩み

明治36年に「土岐きよ」前理事長が土岐裁縫女学校」を発足させてから平成14年5月11日に創立100周年を迎えました。 明治政府は女子教育の重要性を叫んでいましたが、当時の千葉県には千葉高等女学校が1校しかなく、限られた者の学び舎であったため、一般の女子教育の現場として裁縫学校が良妻賢母を育成する重要な役割を荷っておりました。 このため「土岐きよ」は、自らの持てる力を存分に発揮して、裁縫のほか礼法、算術、挿し花、茶道、手工芸、教員養成など、多彩な教育一筋に打ち込み、最盛期には500名を越す生徒を擁するまでになりました。 やがて、明治・大正・昭和・平成と激しい時代の変化の中で、昭和45年には地域住民の要請から「土岐幼稚園」を開設し、近隣の幼児教育に力を注いで現在に至っております。 さらに、少子高齢化社会の中で地域社会に貢献できる人間性豊かな人材の育成をと願う「土岐四郎」理事長により、厚生労働大臣指定・千葉県認可の「中央介護福祉専門学校」を千葉市内初の介護福祉専門学校として平成11年4月に開校しました。現在、千葉県内の介護施設等で卒業生が活躍しております。 こうして、学校法人土岐学園は、100年という長い歴史の中で一貫して人間づくりの哲学にこだわり、地域に根ざした教育機関としての存在感を高め、さらなる発展を目ざして確かな足どりで歩み続けております。

  • Portfolio Item

    千葉市通町(現・同中央区)に「私立土岐裁縫女学校」校舎が落成。

    Portfolio Item

    バルコニー付きのモダンな洋館風の校舎。

    Portfolio Item

    当時の裏門へ通じる敷地内

  • Portfolio Item

    初代理事長土岐きよを囲んで

    Portfolio Item

    千葉市緑町(現在地)に木造2階建て新校舎を建設。

    Portfolio Item

    緑町校舎での授業風景

学校法人土岐学園の教育事業

土岐幼稚園

043-242-2561

土岐幼稚園が大切にしていることは“遊び”です。
幼児期は「やりたい!」「知りたい!」という好奇心を育み、
集団生活のルールや人間関係を学ぶ大切な時です。
一人ひとりを大切にし、
子どもたちから生まれる自由な発想や個性を
伸ばしていくことを目標としています。

中央介護福祉専門学校

043-242-0201

介護福祉士のプロとしての自覚をもって
働けるよう教育を行っております。
これまでに多くの「介護のプロ」を送り出して参りました。
今後も、「高い専門性」と「豊かな人間力」を備え、
介護現場でも信頼され今後も認め続けられるように
人材育成をして参ります。