14の特色

中央介護福祉専門学校の14の特色

  1. 介護福祉科のみの学校です。
    介護福祉科のみの単科の学校です。介護のスペシャリストの養成を目指し、個性を尊重した指導を行っています。
  2. 学校の母体は、100年以上の歴史があります。
    本校は平成11年に創立された学校です。前身は明治36年に創立された土岐裁縫女学校で2001年には盛大に100周年記念式典が行われました。
  3. 小人数のクラス編成です。
    1クラス20人です。授業はクラス単位で履修します。
  4. 在宅介護実習棟があります。
    これからの介護サービスは、施設生活に限らず、いつまでも自宅で生活ができる支援が必要とされます。本校では在宅介護実習棟を設置し、自宅で生活する方やその家族に生活支援ならびに心身の状況に応じた介護が提供できるよう在宅介護実習の演習を行っています。
  5. 人間性豊かな介護福祉士の養成に力を入れています。
    介護は『やさしさ』を強く求められていますが、本来『やさしい』とは何なのか。介護サービスを提供する上で、必要な『やさしさ』とは何なのか?も含め、“福祉の哲学”を身につけるために、介護系の科目だけでなく『生命倫理』『人間科学論』などの講座を開講しています。人間科学論は、障害者の方、施設経営者、学識経験者などの多様な講師を招いて「生活すること」「生きること」に関連して、『多様な視点で見る』『自己の考えを述べる』ことができるように学習を進めています。
  6. 正規の授業以外に介護技術の習得に力を入れています。
    介護は介護を必要とする人の生活支援です。「安心して生活が出来る援助」のための技術は重要です。そのため、日々の授業では『学生が考え実践し、そのことがよかったのか』を振り返ることを重視しています。また、正規の授業以外に、学生自らがスキルアップを図る時間を積極的に設けて、実技試験を通し技術の定着を確認しながら自己の課題が見つけられるように学習を行っています。
  7. 実習施設の指導者・職員と連携をとって指導しています。
    効果的な介護実習が展開できるよう、施設の指導者、職員と連携をとりすすめています。
  8. 事例研究発表会を実施しております。
     介護実習で得られた学びをもとに1,2年合同でグループ研究をします。また、長期実習で事例研究を行いその成果を発表します。一般公開しています。
  9. 学生主体の行事を実施しています。
    新入生歓迎会、スポーツ交流会、卒業生を送る会など学生が企画し運営する行事を取り入れて学生の主体性、自立性を養っています。またボランティア活動など校外で活動し参加する行事も取り入れています。
  10. 同窓会組織があり、卒業後も同窓会主催の研修会を実施しています。
    現場でのスキルアップを図りながら、本校を会場として年1回の研修会を実施しています。
  11. 4年制大学への編入の道も設けています。
    卒業後、さらなる資格取得を希望する場合には、4年制大学への編入をバックアップしています。社会福祉士、精神保健福祉士への進学の実績もあります。
  12. 就職率100%です。
    就職希望者の就職率は100%。在学中に卒業生、施設職員を招いてのガイダンスも行い希望する職場への就職率も高いです。また、各施設から本校学生の指名募集が数多くあります。
  13. 学校は、交通の便も良く、文教地区にあります。
    「JR西千葉駅」から徒歩7分、「京成みどり台駅」から徒歩1分。周辺には千葉大学、敬愛大学、千葉経済大学・短期・高校があります。学生が生活しやすい環境です。
  14. 修学資金・奨学金制度が利用できます。
    「千葉県 介護福祉士 修学資金貸付制度(無利息)返還免除制度有り」
    「日本学生支援機構 奨学金(高校での予約でも採用可能)」
    上記以外に、「就職希望者に対する施設からの奨学金貸与制度」も照会できます。
    何れも担当職員が丁寧に対応します。