千葉県福祉・介護人材確保対策事業

介護職のための研修
お申し込みは終了しました。

急速な高齢化の進展を背景に介護保険が導入され、介護サービスの量的拡大が進んでいますが、人材不足のために無資格者の参入が進む一方で、国家資格取得者も即戦力として期待されるため十分な研修の機会が保障されていない状況があるとの声を聞きます。
一方では、「利用者本位」の視点が重視され、利用者の権利意識・コスト意識の高まりもあって、サービスの質の向上がますます求められるようになっています。
 このような流れの中で、2007年「社会福祉士及び介護福祉士法」が改正され、定義、義務規定、養成制度などが大きく見直され、2009年入学生からは新カリキュラムに基づく養成教育が始まりました。とりわけ、新カリキュラムでは「介護過程」という考え方が導入されたことは重要です。
 この研修では、新カリキュラム施行以前に養成施設卒業した皆様と国家試験ルートで資格を取得した皆様に、新しい知識と技術を習得する機会を提供し、介護力の底上げ、介護福祉士の交流の推進、介護サービスの標準化に資することを趣旨としています。

介護職のキャリアアップ研修
お申し込みは終了しました。

2007(平成19)年に「社会福祉士及び介護福祉士法」が改正され定義規定のほか、義務規定、養成に係る制度などが大きく見直されました。2009(平成21)年度の入学生から、新カリキュラムに則って養成教育が始められました。「介護過程」は新カリキュラムにおいて新たな科目として位置づけられました。これは、「介護過程」における利用者の状況を介護福祉士の視点でアセスメントし、介護計画を立案して、計画に基づく支援の実施と評価を行うというプロセスが専門職として介護福祉士の「核」となるものとして重要視されてきたとの表れといえます。
介護実習では、法改正によりカリキュラムの大きな変化があり、2種類の介護実習が行われることになりました。厚労省が示す実習Ⅱの施設・事業所等は「一定期間以上継続して実習を行う中で、利用者ごとの介護計画の作成、実施後の評価やこれを踏まえた計画の修正といった一連の介護過程のすべてを継続的に実践することに重点を置いた」実習であると位置づけられています。
そのため、実習指導者の中には、「介護過程の展開」技術に対しての理解や認識に違いがあり、新カリキュラムからの実習指導に不安を持っている方も多くいるのではないかと感じています。
「介護過程の展開」を行うためには専門的な知識と技術が必要です。ICF(WHO 国際生活機能分類)にそって、生活機能モデルに基づいて問題を把握し、個別の目標を設定しプログラムをすすめることで、最適な「望ましい人生」を理解し「よくする介護」の実践が可能といわれています。
介護=「“不自由なこと”を“手伝う”」という視点から脱却し、「“本人の望む生活”に向けて、“よくする”」介護という視点へ変化できるよう、様々な職種と共にチームでの働きかけができるよう、専門的な技術を学ぶ必要があります。
実習指導者の、「介護福祉士」資格の取得方法が異なり、学んできた過程が統一されていない中、新カリキュラムに対応し、「介護過程の展開」に対する指導が十分できないのはやむを得ない状況でもあると考えられます。しかし、今後、介護福祉士養成にかかわる、実習指導者はもちろん、現場の介護者においても介護福祉士養成というひとつの目的に向かって、養成校と実習施設とが協同し、共通の理解、認識を持てるためにこの研修を活用したい。